WideStudio Programming (3-3)
~画面パーツの生成

CTGRWindowPlacementDlg::WPDImpl::CreateParts()ではパーツを作って配置していきます。これは力業です。この部分はGUI開発環境で要所要所のパーツを含む画面を作ってひな形となるソースを書き出させて、規則的に生成出来る部分はエディタでコピーしながら作ってしまった方が簡単です。 “WideStudio Programming (3-3)
~画面パーツの生成” の
続きを読む

WideStudio Programming (3-2)
~画面クラスの作り方-2

「お手軽ウィンドウ配置ダイアログ画面」クラスの実装について見ていきます。WideStudioプログラミングとしてのエッセンスは内部処理を実装しているCTGRWindowPlacementDlg::WPDImplクラスにあります。 “WideStudio Programming (3-2)
~画面クラスの作り方-2” の
続きを読む

WideStudio Programming (3-1)
~画面クラスの作り方-1

タンゴレンの三つの基本画面(メイン画面と情報ウィンドウ画面と検索パネル画面)は、三つともWSCmainWindowです。その他の補助的なダイアログ画面も多くはWSCmainWindowで作られています。モーダルな動作になる小さな画面にはWSCdialogを使っているものもありますが、モードレスに表示される画面は全部WSCmainWindowになっています。 “WideStudio Programming (3-1)
~画面クラスの作り方-1” の
続きを読む

WideStudio Programming (2-5)~辞書順ソートと検索について

辞書順というのは言語によって違うのですが、タンゴレンで実装されているのは実際にはエスペラント(字上符を除くと英語)風の辞書順です。多くの場合はこれで充分だろうということで、現状では固定的に扱っています。 “WideStudio Programming (2-5)~辞書順ソートと検索について” の続きを読む

WideStudio Programming (2-4)~文字コード変換について

WideStudioのWSCstringにも文字コード変換の機能はあるのですが、タンゴレンではそちらではなく、ICU(International Components for Unicode)のコード変換ライブラリを使っています。ICUを使っているのは辞書順ソートを実現するためです。 “WideStudio Programming (2-4)~文字コード変換について” の続きを読む

WideStudio Programming (2-2)~文字コード変換が必要な場合

画面への文字列の出力に関してはWideStudio/MWTが自動的にやってくれるのであまり考える必要はありませんが、外部環境とのやりとりでコード変換が必要な場面は他にもあります。主に下記の2箇所です。 “WideStudio Programming (2-2)~文字コード変換が必要な場合” の続きを読む

WideStudio Programming (2-1)~文字列型について

WideStudio/MWTにはWSCstring型という独自の文字型クラスが定義されています。WideStudioのAPIを使う際には必須なのですが、あまりこれに依存するようにはしたくなかったので、プログラム中の殆どの文字列はstd::string型でutf-8のmbcs文字列を格納しておき、WideStudio/MWTのライブラリに渡すところでWSCstring型と相互に変換するようにしています。 “WideStudio Programming (2-1)~文字列型について” の続きを読む