「プログラミング言語C++第四版」について気が付いたことなど (17)

向きが逆のような気がするのだけれども …


38. 4. 4   ストリーム の 状態

…(略)…

tie()は、あるストリームからの入力を行う前に、それに結び付いたストリームからの出力を先に行うことを保証するものだ。たとえば、coutにはcinが結び付けられている:


原文:

The tie() is used to ensure that output from a tied stream appears before an input from the stream to which it is tied. For example, cout is tied to cin:


考察:

cout に cinが結び付けられているのではなくて、cout は cinに結び付けられている、つまり、cin には coutが結び付けられている、ということ。

cinがcoutの情報を持っているから、cinからの入力の実行前にcoutの出力状態をチェックすることが出来るわけ。coutがcinの情報を持っていても cin側からcoutの状態を見ることは出来ない。

ちなみに、この後ろの方では “so had cout not been tied to cin” の訳として(正しく)「cout が cinに結び付けられていなければ」となっている。

……….

とは言うものの、これはちょっと細かいところにこだわり過ぎているかも知れない。というのは、C++ referenceサイトのstd::basic_ios::tieの説明 https://en.cppreference.com/w/cpp/io/basic_ios/tie には(cout is tied to cin and cerr ではなく)下記のように書かれているから。実は結び付きの向きなんて誰も気にしてないのかも 🙂

Notes

By default, the standard streams cin and cerr are tied to cout.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です