Emacs25 on Ubuntu18 on Hyper-V on Windows 10 (MEMO-0)

ノートPC(Corei7、メモリ8GB、HDD500GBのThinkPad X230) の Windows10 Pro のHyper-V 環境で Ubuntu 18.04LTS を動かして、Ubuntu上のEmacs 25.2.2 からWindows側のファイルを編集するための環境を作るに当たって、いろいろあったことのメモです。

どんなことがあったかというと。

  1. Windows10でHyper-Vを有効化する。
    → BIOS(UEFI)の設定変更が必要。
  2. Hyper-Vの仮想マシンを作る。
    → メモリ消費を2.5Gで抑える設定、
    ファイル共有のための仮想スイッチ設定、など。
  3. 仮想マシンに Ubuntu 18.04LTSをインストールする。
    →基本的にはインストーラーを起動して指示通りにしていけばよいです。終わったらupdate/upgradeして最新の状態にしたうえで、環境を整えるべく追加の設定をします。
  4. UbuntuにEmacs25をインストールする。
    → インストール自体は特にどうということはなかったのですが、日本語の入力環境を整えるのに少し苦労しました。

以上、順に書いていきます。

(To be continued)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です